ノートパソコンのHDDをSSDに変えて、HDDはBDドライブを外してそこにセット!Windows再インストール時にUsersフォルダをそのHDDに移動

ガジェット

スポンサーリンク

ノートパソコンのHDDをSSDへ交換する。とりあえず昔買ったSSDを利用。容量が少なくOSいれたらいっぱいなのでHDD→SSD、『SATA to SATA 2nd HDD Caddy』を使ってBDドライブ→HDDとする。

準備

回復ドライブの用意

ノートパソコンにクリーンインストールはドライバだのアプリだのかき集めるのが面倒くさいので、回復ドライブを使って工場出荷時に戻す。

Windows10の用意

工場出荷時のOSはWindows8.1なのでWindows10を用意しておく。

交換作業

以前、無線LANカードの交換をしたときと同じように裏蓋を外す。

今回はHDD、BDドライブを固定しているねじを外す。BDドライブはねじを外せばするりと外れるが、HDDはケーブルが抜けにくいので慎重に。バッテリーを外してからのほうが楽にHDDを取り外せそうだが、そのまま外す。

SSD取り付け

HDD caddyからHDDをとりはずしてSSDに交換する。逆の手順でSSDを取り付ける。

取り外したHDDを取り付け

取り外したHDDをCaddyに取り付ける。

BDドライブについているベゼルとPCに固定する金具を外しHDD Caddyに取り付ける。

取り外した逆の手順でパソコンに取り付ける。

Windowsのインストール

回復ドライブを使ってWindowsをインストールする。後の作業の為に途中作成するユーザーはdummyで作成する。

UsersフォルダをDドライブに移動させる

Sysprepというのを実行してUsersフォルダをDドライブに移動させる。手順は参考サイトのとおり。

relocate.xmlというファイルを置く

Dドライブに移動先情報を記載したrelocate.xmlというファイルを置く

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
  <settings pass="oobeSystem">
    <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup"
               processorArchitecture="amd64"
               publicKeyToken="31bf3856ad364e35"
               language="neutral"
               versionScope="nonSxS"
               xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State"
               xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
      <FolderLocations>
        <ProfilesDirectory>D:\Users</ProfilesDirectory>
      </FolderLocations>
    </component>
  </settings>
</unattend>

Sysprepを実行する

コマンドプロンプトから次のコマンドを実行する

  1. net stop wmpnetworksvc
  2. %windir%\system32\sysprep\sysprep.exe /oobe /reboot /unattend:d:\relocate.xml

Windows10にアップグレード

プリインストールされているMcAfee Total Protection 2012 and 2013 とういうのが互換性がなく、アップグレードが進まないのでアンインストールしておく。

ちょっ速、ちょっ軽Windowsの誕生。

スポンサーリンク

ガジェット