お名前.comで取得したドメインをお名前.comのDNSを使ってXREAで使えるようにする

2019年3月26日WEB制作XREA

スポンサーリンク

独自ドメインでの運用パターン

調べたところ3パターンほどできそう。

  • DNS設定をバリュードメインの無料ネームサーバーで行う

すでに設定済みの内容も移さないといけない。

  •  お名前.comのDNSでAレコードで設定する

IPアドレスを指定しないといけない。IPアドレスが変わった場合メンテナンスが必要。実際、最近サーバーへマイグレーションが行われサーバーのIPアドレスが変わった。

  • お名前.comのDNSでcnameで設定する

サーバー名で登録できるが、サブドメインでしか登録できない。

サブドメインなしで運用したく、お名前.comのDNSを使ったままでという条件で2番目のパターンで行うことにした。サーバーの更新したばかりで、しばらく変わることもないだろうという判断から。

お名前.com DNSレコード設定

XREAのコントロールパネルでサイト設定からIPを確認しておく。

Aレコードを@で設定。

自分は追加の欄をキャプチャーしたが、すでに登録済みの項目のIPを変更した。

XREA ドメイン設定

XREAのコントロールパネルでドメイン設定から「ドメイン設定の新規作成」を行う。

ドメイン名に独自ドメインを入力し「ドメイン設定を新規作成する」。

XREA サイト設定

XREAのコントロールパネルでサイト設定から「サイト設定の新規作成」を行う。

ドメイン名 ドメイン設定で設定したドメイン
転送設定 そのまま
同期設定 既存のサイトと同じ内容を使用するなら「する」の方に、そうでないなら「しない」の方にチェック。
しない場合新たに独自ドメイン名のディレクトリができ、そこがドキュメントルートになる。
IPアドレス そのまま
PHP 使用するバージョン
オプション そのまま

入力できたら「サイト設定を新規設定する」

WordPressの設定

独自ドメインでアクセスすればサイトが表示されるはず。

新規でWordPressをインストールする場合はサイト設定で追加したサイトからWordPressをインスト―ルすることができる。

同期設定をして既存のWordPressを使う場合、トップページは表示されるがリンクがそのままなのでWordPressの「設定」のサイトアドレスを独自ドメインに変更する。

プラグインが出力するURLが新ドメインに対応したものにならない場合、WordPressアドレスも変更する。

スポンサーリンク

2019年3月26日WEB制作XREA